2010年09月27日

手技療法ということ

おなかが痛いときにおなかに手をやってさすっていたり、頭が痛いときにこめかみを押していたりなど、無意識にやっていることがあるが、これも一種の医療行為と言えます。

手技療法としては、按摩やマッサージや指圧などがありますが、手で身体の状態をみながら調子が悪い部分を発見して治療するという点で同じですね。

手技療法による刺激の方法は、大きく分けて、さする、もむ、こねる、たたく、ふるわす、押すとなります。

足ツボマッサージでは、押す、たたく、さするが頻繁に利用されます。

押すのはツボや反射帯に対して刺激を与えるのに有効です。

たたくのは、軽くすることによって血管や筋肉を収縮させて、強く長時間することで血管を広げ筋肉を緩ませる効果があります。

さするのは血液やリンパの流れが良くなり新陳代謝を盛んにする効果があります。

そうやって足ツボマッサージは行なわれます。
posted by ninethemes at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 足ツボマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。