2010年09月27日

手技療法ということ

おなかが痛いときにおなかに手をやってさすっていたり、頭が痛いときにこめかみを押していたりなど、無意識にやっていることがあるが、これも一種の医療行為と言えます。

手技療法としては、按摩やマッサージや指圧などがありますが、手で身体の状態をみながら調子が悪い部分を発見して治療するという点で同じですね。

手技療法による刺激の方法は、大きく分けて、さする、もむ、こねる、たたく、ふるわす、押すとなります。

足ツボマッサージでは、押す、たたく、さするが頻繁に利用されます。

押すのはツボや反射帯に対して刺激を与えるのに有効です。

たたくのは、軽くすることによって血管や筋肉を収縮させて、強く長時間することで血管を広げ筋肉を緩ませる効果があります。

さするのは血液やリンパの流れが良くなり新陳代謝を盛んにする効果があります。

そうやって足ツボマッサージは行なわれます。
posted by ninethemes at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 足ツボマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

足ツボマッサージの注意点

やり方は簡単な足ツボマッサージですが、いくつかの注意点があります。

足ツボを刺激すると気持ち良いので、ついついやりすぎてしまう人もおられますが、これはよくありません。
そもそも体調によってはツボ刺激をしない方が良い場合もあるので注意してください。

ツボ刺激療法は、熱がある時、極端に身体が衰弱している時は、避けた方がいいです。
また、ツボ刺激療法の前後は、入浴したり飲酒をするのも止めた方がいいですね。

逆にしておけばいいのは、水分を摂ることです。
身体の老廃物がスムーズに排出されることとなります。

まだ治療になれていない人は、治療後に身体がだるく感じたり、熱っぽく感じたりすることもあるが、翌日には消えることがほとんどなので心配はいりません。
身体がなれてしまえば、だんだんとこのような症状は消えていくのが通常です。
もしも、なかなか消えない場合は、刺激量が多すぎるのかもしれないので刺激量を調節するのがいいですね。

あとは、足を怪我している場合、脳出血、脳血栓の直後、心臓病、重い腎臓病、妊娠中、不整脈がある場合などは足ツボマッサージを避けましょう。

こういった注意点があるのも、足ツボマッサージにかっこたる効果があるからだと思われます。
posted by ninethemes at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 足ツボマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

ツボと経路に従って

病院や診療所などで針灸治療を行うところが増えてきていますね。
針灸治療は、西洋医学の治療で効果があがらなかった慢性的な痛みやしびれには特に有効であるといわれています。
そして、針を刺したり灸をすえたりする治療点となるのは、ツボ(経穴)と呼ばれる場所であり、そのツボは経路の上にあるのです。
経路というのは、気と血の通り道です。
健康であるということは、気血のエネルギーが全身に滞りなく円滑にめぐっているということに言い換えられるのです。
それが流れが滞ったり、停止したりすると苦痛が出てくるのです。

つまり、ツボは病気が現れる場所であり、同時に治療のポイントにもなるというのが考え方です。
治療を行う場合には、どのツボを選びかが重要となってきますね。

日本で決められたツボの数は全部で350以上あるのですが、多くが足に集中しています。
つまりここで足ツボマッサージの有効性が出てくるわけです。

ツボ療法は、症状が軽いうちにはじめることが重要とされています。
軽いうちに、的確なツボの位置をとらえ、早めに足ツボマッサージを始めることで手軽に十分な効果が期待できるのが魅力なのです。
posted by ninethemes at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 足ツボマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

リフレクソロジーとの関係

東洋医学のツボ療法とよく似ているのが、反射帯療法です。

リフレクソロジーとも言いますが、一定の広がりを刺激する方法です。
ツボを的確に見つけることは難しいので、こちらの手法がかなり注目されています。

足の反射帯を最初に発見したのは、古代インド人ではないかといわれています。
インドには2500年以上前に釈迦の足の裏の形を石に刻んだ仏足石というものが存在しています。
日本のお寺でも見られますね。
この仏足石の中には、人体図が描かれているものもあり、これが反射帯を現しているようなのです。

また、リフレクソロジーを治療として体系化したのは、アメリカのフィッツジェラルド博士であり、足は全身を映す鏡のようなものであり、足の反射帯は人体の臓器や組織と密接な関係があるという結論を導きだしました。

そのように足裏にある反射帯は、身体全体の臓器や組織と対応していてその症状をよく現すといわれています。
簡単に言うと反射帯を押してみて痛いところがあれば、対応する臓器や組織にトラブルがあるということになります。
また、押す、もむ、突く、などの刺激を与えることでトラブルを改善することもできると考えられています。

これが足の反射帯療法であり、ツボ療法とよく似ています。

まだ完全に証明されたわけではないのですが、効果があったとの報告は多数出ています。
足ツボ療法と並んでリフレクソロジーも今後、期待される治療法といえますね。
posted by ninethemes at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 足ツボマッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。