2011年10月11日

−手の甲のツボを押して、ストレス解消−

心が緊張したまんまであると、
いつしか、神経症になってしまう可能性があります。

ささない事が不安になり、震えや動機、
冷や汗が発生してしまうこの病気を防ぐには、
ストレスを解消する事が大事です。

手の甲の合谷(ごうこく)と呼ばれるツボは、
ストレスなどが原因とされている神経症に有効です。

人差し指と親指との間の付け根の部分の骨が交差する
手前のくぼみに合谷は位置しています。

このツボへの刺激は気持ちを落ち着かせ、
少しずつ、平常心が回復するそうです。

<マッサージ情報>
リフレクソロジー 本町
アロママッサージ 江戸川区
posted by ninethemes at 12:36| ツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

ツボダイエットとは

ツボを刺激することはダイエットにも役立ちます。

ツボを刺激してあなたの気になる部分に、
働きかけることで健康に痩せることが出来るのです。

ただし、ツボダイエットは、
「1週間で2キロやせられる」といった
即効性があるダイエット法ではありません。

短期間で効果を感じることはありません。

しかし、つぼダイエットを続けていただければ、
確実に身体は生まれ変わって、
健康的で美しい身体を手に入れることが出来るでしょう。

◆ダイエットにも役立ってくれるマッサージ店
出張マッサージの新大阪での情報が知りたいなら

◆ダイエットに役立つマッサージ店を探せるサイト
リンパマッサージ 伊勢市
posted by ninethemes at 12:28| ツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

指圧の背景

指圧は国家資格をがいります。
読んだまんま「指で圧力を加える」事を主として
世間に知られていますが、指のみに止まらず、
手全体を使用して、部分部分に適切なマッサージを施します。

歴史は明治末から発展を遂げたといわれています。

指圧の名が世間的に知られる様になったのは、
浪越徳治郎さんの功績が大きいそうです。

「指圧の心は母心、押せば命の泉わく」というキャッチコピーで、
指圧は「母が子を思う気持ちくらい相手を大切に思って行う事。」と、
浪越徳治郎さんは伝えていたそうです。

▽マッサージ情報▽
世田谷区エリア|出張マッサージ 癒しの泉
リンパマッサージ情報 豊島区版
posted by ninethemes at 16:04| ツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

風邪の場合のマッサージ

リフレクソロジーの世界では、
咳や鼻水などがつらい風邪の症状には
足つぼを刺激する事が効果的です。

風邪をひいた場合に、
気管支や喉が冒されると咳がでますね。

長く続くせきには体力を
消耗させられますので
、軽い咳でも要注意です。

咳が出るの原因は、
気管や肺の働きの他に、
脳の延髄にも関係が及んでいます。

せきこんだ際に胸が痛む様であれば、
痛む方の足に重点的な
もみほぐしを行いましょう。

簡単な自宅療養ですね。
posted by ninethemes at 16:57| ツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

四十肩・五十肩の痛みを軽減

四十肩(五十肩)は、普通の肩こりと異なり、
肩関節の周囲が炎症することで発症します。

この症状を解消するには、
肩にある 肩井、雲門、
肩ぐうのツボを刺激すると効果的です。

・肩井(けんせい)
ツボの場所は、
首と肩先の真ん中、肩の筋肉の中心です。
人差し指か中指、または、
両方の指を使用して刺激しましょう。

・雲門(うんもん)
ツボの場所は、胸側で鎖骨の下縁、
肩関節の手前のくぼみです。
強く刺激して悩みを解消しましょう。

・肩ぐう-けんぐう
ツボの場所は、肩の先で、
腕を真横に上げた時に出来る
くぼみの位置です。

◆話題のマッサージ情報サイト◆
@青梅市のマッサージ店舗情報
A知らないと損な目黒区のリンパマッサージ

posted by ninethemes at 13:24| ツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

食欲不振につぼ刺激

身体がだるくて食欲がなかなか出ないと思う時には、
食欲不振に効果がある手のつぼを押してみましょう。

手の甲側の、中指の第1関節の上、関節のしわの中心部分あたりの中魁(チュウカイ)というつぼを刺激してみましょう。
このツボを刺激すると、胃の調子が整える効果があります。
中魁は、経絡とは関係ない、奇穴のひとつで、昔からその効果が経験的に伝えられているようです。

ツボの押し方として、親指と人差指でつまむようにして、あまり強く押し過ぎないように押さえましょう。
2〜3秒押したら、1〜2秒休む。
これを両手交互に5回ずつ行います。
押した後は、ツボの周辺を上下にこすってあげましょう。
往復20回ずつ行いましょう。
posted by ninethemes at 15:16| ツボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。