2011年02月18日

リラクゼーションマッサージと歴史

リラクゼーションマッサージとはリラクゼーションを目的としたトリートメントです。

日本では、あんまマッサージ師の国家資格取得者に限って治療を目的としたマッサージを許されています。そのため、国家資格で規定されているマッサージと区別するためにリラクゼーションを目的としたマッサージを「リラクゼーションマッサージ」と呼ぶことにしました。品川 アロママッサージ

マッサージの歴史は古く、4、5千年前までさかのぼる事が出来ます。オイルマッサージは渋谷
後に中国から日本にあんまとして伝わり、現在では医療行為の一環として行われるマッサージと、リラクゼーションを目的に行われるリラクゼーションマッサージとに分かれています。
posted by ninethemes at 13:53| マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

リンパマッサージについて

リンパマッサージとは、リンパ液の流れを促して、体内に溜った老廃物や毒素を排泄するものです。誰にでも簡単にでき、美容・ダイエット、セルライト、デトックス、むくみなど様々な効果を発揮します。出張マッサージ 大阪 北区で血行改善。

リンパ液は、冷え性、血行障害、免疫機能の改善に重要な役割を果たしいます。
しかし、生活習慣やストレスなどによって流れが滞っていることが多いのです。
このリンパ液の循環を改善し、健康な体つくりを目指すためのマッサージなのです。
東京 セラピスト 求人の癒し。

リンパを流すことで、体に不要な老廃物や水分を排出し、むくみ、セルライトを取り除くことができるのです。習慣的に行えば、ダイエット効果も期待できるのです。
posted by ninethemes at 15:31| マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

眼精疲労に効くマッサージ

目の疲れ、肩こりなどのつらい症状を持っている人には、少しでも眼精疲労を軽くしたいと思うものですよね。
そんな症状を回復させるのに効果が期待できる、簡単に行える目の体操やツボマッサージなどを試してみてはいかがでしょうか。。

ツボマッサージとして、指の腹を使って、目のまわりを優しく押してみましょう。
また、手の親指と人差し指の間をクルクルと優しくマッサージしてみたり、首やこめかみの後ろ付近も優しくマッサージしてあげると気持ちいいですよ。
目の付近には、目の疲れなどに効くツボがたくさん位置しているので、全体的に優しくマッサージしてあげるだけでも、目の疲れが少し楽になると思いますよ。
眼精疲労によって、首や肩などがこる事も多くみられているので、こまめにマッサージすることをオススメいたします。
タグ:マッサージ
posted by ninethemes at 13:59| マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

首のこり緩和

猫背の姿勢が続くと、首への負担が増して首のこり・痛みの原因となってしまいます。


首のこり・痛み緩和のトレーニングをご紹介します。

1、ベッドやふとんのうえに仰向けになり、リラックスします。

2、後頭部に力を入れて枕を押し、力を入れた姿勢のまま5秒間保ちます。
  力を入れたときに顎が上がらないように注意します。

3、仰向けで枕に頭を乗せた状態で軽く顎を引き、その位置で5秒間保ちます。

1〜3の動作を20回、1日3セットを目安に行いましょう。
慣れないうちは、10回を1セットとし、1日2〜3セットから始めて、徐々に回数を増やしていきましょう。
タグ:首のこり
posted by ninethemes at 17:06| マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

腰痛のマッサージ

腰痛のマッサージをする際、撫でる・揉むという動作は全体に重い感じの痛みに、圧すという動作は1ヵ所に強い痛みがある場合に適しています。

マッサージの方法は、体の表面に手を密着させ、3〜5kgの圧力を常に一定にかけるように施術します。ツボを移動する時には、体の表面を手をすべらせるように動かしたりすると良いでしょう。

強く揉みすぎると、痛みのためかえって筋肉が緊張してしまします。
気持ちよいと感じる程度がベストです。
緊張した筋肉がゆるんで血行がよくなり、痛みがやわらぎます。
尚、ぎっくり腰など急性の痛みがある場合にはマッサージは適しません。

指圧・マッサージや鍼でツボを刺激するのも効果的です。
長時間同じ姿勢を強いられることによるものもあれば、内臓疾患から来る腰痛もあります。
いつもと違う違和感を感じたら、専門医による受診をおすすめします。
posted by ninethemes at 15:37| マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

肩こりマッサージの注意点

肩こりマッサージには、いくつかの注意点があります。

病中病後や、妊娠中は行わないこと。
怪我、火傷のある箇所はそこを避けること。
炎症を起こしている時は炎症が治まるまで待つこと。
長時間やりすぎないこと。
一箇所だけ集中してやらないことなどが主な注意点です。

また、肩こりだからといって肩だけをマッサージしてもいけません。
肩こりの際は、片だけでなく腕や背中など肩周辺全体を施術することです。

マッサージの仕方は、手のひらを使って全体的にマッサージすること。
指先などで押すと刺激が強すぎる場合があります。
また、心臓から遠い部位から徐々に近くへと施術していくのが肩こりマッサージのポイントです。
タグ:マッサージ
posted by ninethemes at 12:46| マッサージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。